くぅ〜勝った!

今日、大安の日曜日は朝からお宮参りと結婚式の撮影が入っておりました。

撮影が終わり、時計を見ると12時半

そうや!山中小学校で山中学童野球クラブの練習試合をやっているんだった〜

夫婦で駆けつける

嫁さんははじめて試合を見ることが出来ます!

偶然、同点の最終回でランナー三塁で大誠の打順
d0095673_20574677.jpg

なにゆえの笑顔なんだ!?大誠!

打て〜〜〜〜!

と叫ぶも、パスボール

労せず1点勝ち越し

そのままゲームセット
d0095673_20592238.jpg


怒濤の追い込みやったんやね〜〜

あまり土日に応援に行くことができない私

はじめて勝利の瞬間に立ち会えました〜〜〜(嫁さんはラッキーな事に1戦1勝)
d0095673_2102427.jpg


ちょっと、ウルっと来てしまいました(不覚)

2試合目からは手伝いをしようとジャージに着替えに帰る

しかし、駆けつけた時には既に遅く、試合は始まっておりました。

2塁の塁審にはあのお方
d0095673_2141684.jpg

(もしかして、展示会を抜けての審判の姿をアップしてはまずかったかな?)
d0095673_2151777.jpg

2試合目は本塁上のクロスプレーが多かった。
d0095673_2172098.jpg

が、ことごとくセーフ、相手に得点を許し敗戦。

3試合目は前日に水上先生に2塁塁審の心得を勉強させていただいていたので
決め打ちで「あ、あの〜2塁の塁審してもえぇけ?」

いや〜〜勉強になりました〜〜

高校時代は外野だったので内野守備について、注視することは無かったのですが
塁審をして、はじめて内野の守備をじっくり見ることができました。

二つの盗塁阻止のジャッジをすることになったのですが
ふたつとも送球がそれていて「これはセーフだろうなぁ」とセーフと言う動作の準備に入る

ところが高く浮いた送球をショートがジャンプしながらタッチの動作に
空中で素早くに切り替える

普通はジャンプして捕って、着地してタッチまでいけるかなぁという感じ

お〜〜〜こりゃ〜〜アウトや、たまげたなぁ〜

次は難しいバウンドで捕球して、これもタッチまではいけんやろうなぁと
思っていたのが流れるような動作でタッチ

あら〜〜〜これもアウトやわ〜〜

次のプレイは後ろ向きでやっと送球を抑えたと思ったら、そのままノールックでタッチ
完全にセーフのタイミングが、きわどいセーフに!

ほ〜〜〜内野のセンスってのは、こういう事をいうんやろな〜と感心してしまいました。

そして、私は外野だったから試合中はそんなに動きまくっていることは
なかったのですが2塁の塁審をしてみて、ショートとセカンドはこんなにも
試合中、動きまくっていたんだぁと再認識

勉強になった1日でした。

それにしても試合終了後、何から片づけて、何を何処にしまうんか
まだ分からず!烏合の衆になっている自分がいました。
はよ、慣れたいなぁ…



    by 塁審デビューをはたしたムン様



今朝は微妙な天気でしたね〜〜〜〜
お宮参りを撮るときもシトシト
d0095673_21293714.jpg


結婚式を撮りときもシトシト
d0095673_21301567.jpg

そして、いつも列んでもらう場所に茅の輪

明日には、この茅の輪もなくなってしまうそうです。

by munsama | 2012-07-08 21:31 | 家族&その他ネタ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kazundo.exblog.jp/tb/16276088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by t-factory-style at 2012-07-09 18:31 x
塁審デビューおめでとうございます!!例のモノもちゃんと送れたみたいなんで安心しました(笑)試合中に監督が「セカンドの審判でっけな~!!」と言って大人だけでウケてました(笑)
また次頑張りましょう(^_^.)
Commented by munsama at 2012-07-09 21:52
例のモノ、ありがとうございました。

初審判はちょいと緊張してしまいました。
最初にキャッチャーフライが上がったとき、つい癖で
「キャッチャー」と2塁付近から叫んでしまいました。
そしてアウトの時もどうしても指を立ててしまいます。

「セカンドの審判でっけな~!!」

2塁ランナーもサインが見づらそうだったので
ついついしゃがんでしまってたら、「審判は中腰」と
山下会長から指導がはいりました。

次回から気をつけよう!

もう、これで審判にもなれたし、ドキドキすることは
ないでしょう。カメラ構えているより、ゆっくり試合を
見ることができたような気がするのは気のせい?