辛未会初老みこし宮出し

北陸ブログランキングに参加しております。

↓どうか1日1クリックで、スマホからもパソコンからも応援お願いいたします



上の金の絵をクリックすると人気ブログが見えてくる!









d0095673_1439324.jpg

本陣開きを終えた初老辛未会


温泉感謝祭にも出席です。

d0095673_1440526.jpg



それが終わると神社へ向かいます。


d0095673_14402535.jpg



いよいよ2日間の初老神輿のはじまりです。


d0095673_14405129.jpg



神様を神輿に移し、会長が鳳凰をとりつけたとき何かが舞い降りました。

見えた方、何人かいたと思います。


d0095673_1442212.jpg



会長が喜一君の遺影を胸に


それを初老神輿を昨年、一昨年終えた先輩方が見守ります。


d0095673_1446965.jpg




そしていよいよ出発です。






d0095673_14432143.jpg



皆さんの町内を回られましたならご声援を!


d0095673_14434693.jpg






   by 山中温泉のムン様





d0095673_14443192.jpg




d0095673_14444473.jpg



北陸ブログランキングに参加しております。

↓どうか1日1クリックで、スマホからもパソコンからも応援お願いいたします



上の金の絵をクリックすると人気ブログが見えてくる!






by munsama | 2015-09-22 14:45 | 山中温泉ネタ | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://kazundo.exblog.jp/tb/22209031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fk at 2015-09-22 21:19 x
ちょっとお祭りとは離れるけど、今なんでも鑑定団で山中やってますよー!
(東京からの報告です)

「初老」というのは国語辞典だと
1 中年を過ぎ、老年に入りかけた年ごろ。「―の紳士」
2 もと、40歳の異称。

2の意味で使ってるのもしかすると石川周辺だけかも。。。大抵私が住んでるあたりだと定年過ぎたような方、と。。。
加賀離れてはや四半世紀、このブログでさまざまな発見がありマス。
Commented by munsama at 2015-09-25 10:29
fkさま
あら、東京ではもう放映になったんですか〜

お祭で「初老」について語っておられる方がたくさんおられました。

40で初老は早い、そんな事言ったら俺らは大老になってしまう。
昔、寿命が40歳くらいだったころ「初老」は2の意味で良かったが
今では40歳はまだ青年。
40歳に初老という言葉はおかしい
なんて事をくどくど言っている60歳くらいの方がおられましたが

別にえぇがいね
わたしは「初老」は「初老」
それで伝統が受け継がれてきたのだからと言いたかったんですが
偏屈な口やかましい親父っぽかったのでスルーしときました。
餅まきの時もその親父はいて「オレのところに餅が来ない」と叫んでました。

1 中年を過ぎ、老年に入りかけた年ごろ。「―の紳士」

そうか〜小説を読んでいて初老の紳士という言葉が出てくるのですが
どうもイメージにあわないと思ったらそういうことなんですねぇ
Commented by fk at 2015-09-26 14:22 x
「標準語」で意味が変わった言葉がそのまま残っているのでしょうか。
15の時親が小松に家を買って、加賀から引っ越しましたから、夜店があったとか、鼓笛隊でパレードしたというぐらいの思い出しかありません。
小父さんは朝から酒飲んで、悪酔いしたのでしょう、よくあることです。20数年昔、変な20代の酔っ払いに絡まれたことがありました。中学の制服だったからか・・・。
レディース風のお姉さん、ヤンキー風のお兄さんに助けてもらった思い出が(その二人は絡んできたグデングデンの若者の友達?風でしたが)

(凡人会私も良いと思います。悪人会なら「悪人正機説」の立派な浄土真宗精神????)