山中温泉のゴールデンウィークの楽しみ方 パート2

北陸ブログランキングに参加しております。

↓どうか1日1クリックで、スマホからもパソコンからも応援お願いいたします




山中温泉のゴールデンウィークの楽しみ方 パート2でございます。


やっぱり山中温泉に来たら景色や風情を楽しみたい


そんな方はこちらのプランがオススメ
d0095673_13494927.jpg



大聖寺川沿いの遊歩道「鶴仙渓」に新しく出来た川床でのんびり


川床まで行くにはこの「あやとりはし」を渡ればすぐです。

d0095673_13514825.jpg
(写真は第3回山中温泉フォト575優秀賞)
この曲がりくねった橋を渡ればすぐ下に見えます。


川床ではスィーツも楽しめますがお昼に行く方はお好みのテイクアウトの川床弁当を


持って行って楽しむのがオススメです。
d0095673_1357082.jpg



食べ終わった後はゆったり鶴仙渓を歩きましょう。

d0095673_13542973.jpg
(写真は第2回山中温泉フォト575優秀賞)


山中温泉の商店街が整っていなかったとき助けてくれたのがこの鶴仙渓でした。


皆さん、鶴仙渓を歩くと「良い所ですねぇ山中温泉」と言われる



その先にあるのが山中温泉の観光シンボル「こおろぎ橋」です

d0095673_13564831.jpg
(写真は第5回山中温泉フォト575優秀賞)

山中温泉で記念写真を撮る。このこおろぎばしは1番人気ですので行き忘れなく


帰りはゆっくりと「ゆげ街道」でショッピング♪


d0095673_14113743.jpg




漆器にコロッケ、山中のおみやげが集まってます。



そして中心街にある山中座
d0095673_14125078.jpg



山中座では山中芸妓の四季の舞をゆっくり鑑賞しましょう。


昔は男集が宴会でしか見ることが出来なかった「芸妓の舞」が


山中座ならゆったり座って鑑賞できます。きっと女性の方が好きだと思います。

d0095673_14575276.jpg

芸妓「小乃葉ちゃん」の美しい舞に注目です。


d0095673_14144027.jpg



そして最後は山中温泉につかりましょう


なんと言っても温泉の泉質はこの菊の湯がナンバーワン


d0095673_1420160.jpg

男湯はシャワーもすべて温泉



シャンプーや石鹸の泡切れを体験してください。



今朝はゴールデンウィークに来られるお客さまのため、鶴仙渓を清掃

d0095673_14211549.jpg

白いスタッフジャンパーは毎年参加してくださる北陸銀行さん


総勢30名以上で参加されておりました。


d0095673_1422594.jpg

掃除はじめの挨拶は観光協会副会長

娘娘饅頭の山中石川屋さん。
(温泉ライダーに振る舞う娘娘饅頭を半額で200個いただく商談が朝に成立しました)


d0095673_1423511.jpg

料理旅館「胡蝶」の総料理長「胡蝶修司氏」と世間話をしながら鶴仙渓を歩きました。


山中中学校のPTA会長でもある胡蝶修司氏、昨夜はPTAの飲み会だったようで


顔色が優れない。


鶴仙渓は普段から清掃が行き届いていてとてもキレイでございました。



これでゴールデンウィークのお客さまを迎える準備が出来ました。


山中温泉のゴールデンウィークの楽しみ方 パート3につづく






   by 山中温泉のムン様





d0095673_14311530.jpg

今日、入学記念写真集プレシャスのデザインの合間を見て

山中学童野球クラブへ新ポスターを届けに行きました。


引退した青木コーチも来ておられて

「おしいですね。村田さん、もう少し早く来れば、はじめとしきの連打で点をとった所がみれたのに」


d0095673_14374269.jpg

「3番バッター○○君」のアナウンスにビックリ

お母さん方が大会なみにアナウンス

大会へ向けて、親も練習してました。

やっぱり野球は良い♪明日は粟津さんと練習試合だそうです。



中学校の先輩方は今日は小松市ナンバーワンの松陽中学校と練習試合

明日は川北さんへ遠征、学童野球時代の懐かしいチームメイトと戦います。
d0095673_14423571.jpg




北陸ブログランキングに参加しております。

↓どうか1日1クリックで、スマホからもパソコンからも応援お願いいたします


by munsama | 2016-04-16 16:30 | 山中温泉ネタ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kazundo.exblog.jp/tb/23071232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エヌマ村民 at 2016-04-16 22:48 x
以前、親戚が愛知から本人、その配偶者、その姉妹3人とその亭主たち、という集団で加賀温泉郷にやってきました。そのうち一人が余命いくばくもない(その時はそこそこ良かった)、ということでベッドの部屋&個室風呂所望したが山中は空いて無かったそうで、山代のRに。
しかし「山代何も見るとこがない!!」と、当時キャンバスが山中に来てなかったのでタクシーで山中&那谷寺観光。ゆげ街道と鶴仙渓が気に行って、その病人も含めて翌日もやってきました。旅館の料理を不機嫌に食べてた病人がゆげ街道の橋爪さんとこで釜めし平らげたとか(次の日も行ったとか)。未だに時々その話をされます。

そういえば「温泉批評 2015秋冬号」というマニアックな雑誌で、山中の総湯が「日本の共同湯番付」の東の横綱に選ばれていました。
Commented by munsama at 2016-04-18 11:43
エヌマ村民さま
そうですね〜山代温泉には風情、風景はないかもしれませんね
朝、旅館の窓をあけると住宅の屋根だらけという思いを何度かしました。山代では窓は閉めっぱなしにしといた方が良いかも

でも温泉通りは何か化けそうな気がするんですが

>山中の総湯が「日本の共同湯番付」の東の横綱

それはめちゃくちゃ嬉しいです♪

教えていただきありがとうございます。