湯の本寄席

米屋の先輩I津さんからチケットを2枚いただきました。
d0095673_17144593.jpg


湯の本寄席、当店から歩いて数十秒の山中座であるらしい。

d0095673_17155412.jpg



こんな大雪の夜にお客さんは来るんだろうか…


開演5分前、ホールのドアを開けてビックリ!

d0095673_17171628.jpg

ぎょぎょ!いっぱいでございますがな〜〜〜!

なんとか後ろから2番目の席をゲット
幕が開きます
d0095673_17182061.jpg


となりの席ではひ〜〜ひ〜〜言いながら身をよじりながら笑っている迷惑な男がいます。


d0095673_17192018.jpg



まわりの人たち「この子がけらけら笑うもんで私らも楽しかったわ〜」


d0095673_17202415.jpg


長男のケンでございました。

小奴は昔、吉本へ行ったときも一人、ひ〜〜ひ〜〜言いながら笑っておりました。

ん〜〜〜こんなに身近なところで落語が無料で聞けるなんて湯の本町さん、ありがとう♪



       by 加賀テレビのムン様 77.5kg





昔、わたしも落語のイベントを手伝ったことがあります。
d0095673_17235248.jpg

これは13年前、山中温泉が空き店舗やシャッターが閉まったお店だった頃
空き店舗でいろんな事業を行った【いい花みつけた】事業です。
あの頃空き店舗に仮設につくった
木魂館、体験工房土の花、山中節の館など、その後ちゃんと店や館となって行きました。
ええ〜事業やったな〜〜本当に空き店舗をなんとかしちゃったもんな〜〜〜
運営していた【は〜様】恐るべし!

いま、山中温泉を周遊するバスの名は【いい花お散歩号】と言います。

by munsama | 2011-01-26 17:28 | 山中温泉ネタ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kazundo.exblog.jp/tb/12763356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。