加賀市の施設を楽しもう♪vol.3【石川県九谷焼美術館】編

山中温泉地区の広報「山中温泉」の敏腕記者になった私

今回は【石川県九谷焼美術館】を取材してまいりました。
加賀市の施設を楽しもう♪vol.3【石川県九谷焼美術館】編_d0095673_11592166.jpg

この建物には強い味方がいるのです。

写真クラブ「写団かじか」のメンバーがこちらの職員をされているのです

受付で「あの〜高桑さん、おられますか」

「お〜村田さん、取材?それじゃ〜撮影許可腕章をあげよう」

パンフレットには載っていない部分もバッチリ解説してくださいました。
加賀市の施設を楽しもう♪vol.3【石川県九谷焼美術館】編_d0095673_11593558.jpg

以下、広報山中温泉2月号の原稿です

加賀市民の市民運動の願いが叶い、県が建ててくださったのですが
運営は加賀市が行っている市民の思いが詰まった美術館。

前回の雪の科学館も素晴らしい建物ですが
こちらも建築関係者が多く視察にこられる、とても美しい建物です。

 館長は作家の高田宏氏、九谷焼の素晴らしさもさることながら建物の材料や
デザイン、展示の仕方もこだわりが随所に見られます。この美術館に来れば
九谷焼の素晴らしさが自然と伝わることでしょう。

 受付で館内のガイドをお願いするのがおすすめです。
建物のこだわり、デザインのこだわり、展示のこだわり、そして九谷焼の素晴らしさや
裏話をわかりやすく説明してくださり1時間があっという間に感じられました。
加賀市の施設を楽しもう♪vol.3【石川県九谷焼美術館】編_d0095673_120214.jpg

 また2階には茶房「古九谷」とミュージアムショップがあり、
ゆっくりとくつろげるようになっております。
加賀市の施設を楽しもう♪vol.3【石川県九谷焼美術館】編_d0095673_1201567.jpg

同じく2階にあるお茶室やホールではお茶会や各種行事に利用することができます。
隣接する古九谷の杜親水公園で親子でゆっくりするのもおすすめです。
加賀市の施設を楽しもう♪vol.3【石川県九谷焼美術館】編_d0095673_1203565.jpg


石川県九谷焼美術館
 場所 加賀市大聖寺地方町1-10-13
 電話 72ー7466
 開館時間 9:00〜17:00
 休館日 月曜日(祝日は開館)
 入館料 一般500円、高校生以下・障害者は無料
加賀市の施設を楽しもう♪vol.3【石川県九谷焼美術館】編_d0095673_1205312.jpg




作品と1対1で楽しめるよう、うだつで区切られた展示
加賀市の施設を楽しもう♪vol.3【石川県九谷焼美術館】編_d0095673_1215921.jpg

「うだつ」とは、あの「うだつが上がらない」のうだつ

いや〜勉強になりました。

今月の広報の私が担当した部分は、この2つ
加賀市の施設を楽しもう♪vol.3【石川県九谷焼美術館】編_d0095673_123170.jpg


山中温泉感謝祭でも、じつは写団かじかが活躍しておりました。
最初に挨拶された山中温泉財産区管理会の会長さんもかじかのメンバー
そして美術館を案内してくださったのもかじかのメンバーでございました。

写真の好きなお方様、入会をお待ちしております。

月会費1000円、活動は撮影旅行と写真展です。



             by 広報山中温泉の主席記者のムン様








昨夜は先月、結婚したばかりのおめでたい男の誕生日
加賀市の施設を楽しもう♪vol.3【石川県九谷焼美術館】編_d0095673_1262554.jpg

新婚家庭にて誕生会を開きました〜〜〜♪

新婚旅行の写真をTVにてスライドショーのあと
結婚披露宴のビデオを見て、みんなで楽しみました。
加賀市の施設を楽しもう♪vol.3【石川県九谷焼美術館】編_d0095673_1274388.jpg

お寿司に焼肉、オードブルにケーキ、今日は体重計に乗るのが怖い…

by munsama | 2012-02-21 12:08 | 加賀市ネタ | Trackback | Comments(2)

Commented by t-factory-style at 2012-02-22 13:31 x
ここは本当におススメです!!
21美に負けないくらいいい美術館だとおもいます。
ブログも面白いですし、茶房古九谷のスタッフは素晴らしいです。もっと宣伝してくださいね(^^♪
Commented by munsama at 2012-02-22 15:32
t-factory-styleさま

お知り合いでございましたか〜
説明をしてもらいながら館内をひとまわりしたら
軽く1時間を超えてしまい大聖寺で行われた会合に遅刻…

いや〜〜こだわりだらけの美術館でした。

今度、茶房古九谷のスタッフブログの名前を教えてくださいませ