初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式

さりげなく薄型液晶テレビを山中座に寄付をした山泉会は山中座を後にします
初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_11302583.jpg

ようやく宴会か?

いえいえ

今度は白山神社に初老の証に石畳を献納に向かいます。
初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_11305360.jpg

しかし、余りにも段取りよく寄付贈呈式と移動がスムーズに行えたため
時間が余り、急遽集合写真を先に撮ることになりました。
初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_1132938.jpg

なにか誇らしげな初老の面々でございます。

無事、撮影も終わり献納式でございます。
初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_11331296.jpg

とても緊張した面持ちの会長さん
それをさっちしたか、にやける副会長さん

神主様によるお祓いが行われた後
初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_11344892.jpg

会長さんが四隅をお清め
初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_11351474.jpg


そして私のリクエストに応えてくれて「渡り初め」
初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_11363273.jpg


献納が終わるとクールに拝殿へ向かいます
初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_11372052.jpg

石畳を納めさせていただいたことを神様に報告する儀式です
初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_1138083.jpg

お酒と餅を供え、自分たちが3年間使っていく、大杯と会旗、升をお祓いしてもらいます。
初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_11393110.jpg

そして神様に石畳を納めさせていただいた目録を捧げます
初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_11401269.jpg

この目録が波紋を呼ぼうとは想像だに出来ませんでした

初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_1140563.jpg


「目録…」

「目録…」

「むっ…」

どうした、ざわめく初老の男達
初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_11415129.jpg


「目録…なんて読むんですかコレ読めません」

目録を見てみると

むむっ?御簾

あれ石畳とちゃうやん!

そして会の名前が辰巳会〜〜〜?

「それって2月3日の還暦の目録やわ」

ちょっとしたハプニングもご愛敬

この後の式典も無事進んでいきますようにと願いを玉串に込める式典委員長さん
初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_1148085.jpg


献納報告祭も無事終わりホッと一息の司会さん
初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_11484954.jpg

昼の部の式典を無事終えた、式典委員会の皆さんです
初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_11494272.jpg


この後、旅館に移動です。

宴会?

まだまだ式典は続くのです。

法被渡しの儀につづく



          by 初老フェチのムン様




サイクルプロジェクトのイベントが近づいてきました
初老【山泉会】白山神社参道石畳献納式_d0095673_19182616.jpg

温泉ライダーホームページ

この日、湯の出町内ではお稚児行列が行われ、撮影が!
そして山中温泉区では放水競技大会が行われるんです。
町内会長としては…

すいません!山中温泉を離れられません!

by munsama | 2012-04-09 11:54 | 山中温泉ネタ | Trackback | Comments(4)

Commented by エヌマ村民 at 2012-04-10 12:48 x
祝典に水を差すようだけど、この年代、ベビーブームど真ん中なので数は多いはずだが、参加者が昔に比べて少ないのだなと思った。しかし毎年の灯篭(正直、あんなに灯篭寄付するなら鳥居を修復すればよいと思ったことがあった)攻めではなく、石畳の寄付と張り込んだことに感動しました。灯篭よりお金がかかるはず…
Commented by munsama at 2012-04-10 17:29
エヌマ村民さま、こんにちは。

この中にも小学1年生のお父さんがおられるんですが
とうとう山中小学校も1クラスになっちゃったんです。
やっぱり地元に職がないんでしょうねぇ…
働く世代がどんどん流出しちゃってます。
これで病院まで無くなったら働くお母さん世代も流出だなぁ…
Commented by エヌマ村民 at 2012-04-12 13:23 x
そういえば人口が集中している場所の話。
名古屋に出張することがあり、相手先の企業の方が今年40らしい。別にそういう話をしていたわけではないのだが、初詣に行った話をしていたら、その彼、今年は地元(名古屋のベッドタウン長久手市)を避けて名古屋市内にした。なぜかというと毎年実家近くの神社に行っていたら、去年の正月、菓子撒きする厄年の人と中学の同級生が寄ってきて「君、来年厄やろ。厄年の会に入ってくれんか?毎年家族と初詣着ているのは知ってるよ。但し入る際10万」と言われ、入るのはやぶさかではないが、いきなり単刀直入に金の話とは失礼!と憤慨して「誰が入るか」と思ったらしい。奥さんと奥さんの母親は名古屋の人で、奥さんの父親は鹿児島の人。どちらも地域への協力は良いことと思っているが「いきなり金の話はないよなー」「神社に毎年来てるだろう、10万で入らないかなんて新手のカツあげ?」と「入ることには反対ではないが、勧誘方法が酷すぎる」と怒ったとの事。
人口集中している地域でもこういうことがあるのだなというのと、名古屋の周辺ではまだそういう習慣が残ってるのだなと思いました(長文失礼しました)
Commented by munsama at 2012-04-12 16:14
エヌマ村民さま

来年に厄年を迎える時に会員の勧誘はないですわ〜
そりゃあんまりだ
何年かかけて積立追いついてきたら良いと言ってくれるなら
まだしも、来年厄年だから一括支払いをして入っておいで
なんて礼儀をかいた事はとっても言えないなぁ