今年も嘘をついて町内どぶ掃除

今年も町内どぶそうじの季節がやってまいりました。

実は今年2度目です。
自宅のある塚谷町でのどぶ掃除にも先月出ました。
そのときの戦利品がこれです。
今年も嘘をついて町内どぶ掃除_d0095673_17294038.jpg

おやじの宝箱とビールとパンです。
塚谷町は広い、そして今年は暴風雨のなかでの作業でございました。
塚谷町のどぶ掃除に出ると次の日、全身筋肉痛になるほど過酷なのです。


今日のどぶ掃除は子供の頃から住んでいる湯の出町です。

ここの町内どぶそうじは緩いのです。楽なのです。簡単なのです。

町内が狭い上、一班は表通り
今年も嘘をついて町内どぶ掃除_d0095673_17335845.jpg

二班は裏通りを一直線にお掃除して「はい、終わり」
今年も嘘をついて町内どぶ掃除_d0095673_17342549.jpg


9時から開始して10時40分に終了
「さあ、ご苦労さん会に行こう!」
今年も嘘をついて町内どぶ掃除_d0095673_1736839.jpg

今年のご苦労さん会は豪華版!町内のお食事どころ玉兎さんです。
どえらいごちそうです。
今年も嘘をついて町内どぶ掃除_d0095673_17364114.jpg
うれしいね〜〜〜

   by 加賀テレビのムン様 80.3kg


どぶ掃除なんですが
加賀市になってから毎回、虚偽報告を消防署にしにいかなければなりません
「5月24日に町内のどぶ掃除に消火栓を使いたいんですけど〜」
「じゃ、そこに座ってこの用紙に書いて【消火栓点検】と」
「もし消火栓点検じゃなくどぶ掃除に使うと書いたらどうなるの」
「2時間で7〜8万円払ってもらうことになります。」
「自分の家じゃなくて市を清掃するのに?」
「そうです」
「加賀市だから?」
「加賀市だからです。」
「公立幼稚園をなくしたのも、公立保育園をなくすのも加賀市だから?」
「加賀市だからです」
「こいこい祭りも…これは今度あらためて書くことにしよう」

むかし山中町時代、自分の町を自慢したくなるようにみんながんばってきたんですけどね〜

加賀市に住んでいることを自慢したくなるようにせないかんのやけど

まさか、こいこい祭りまでがね〜


「ちょっとまって!どぶ掃除で出た泥も町内の銭で処分場にもっていって」
「えっ前までは朝になると町が無料で回収に来てたのですが…加賀市だから?」
「そう、加賀市だから」

by munsama | 2009-05-24 17:37 | 山中温泉ネタ | Trackback | Comments(0)